鳥と暮らすと楽しくなる♪人気のインコ・オウムって飼うの難しいの?

オウム

人気のペットは犬や猫ですが、オウム 飼うのも以外と楽しいです。オウムは人間の言葉をまねするので、おしゃべりの相手になってくれます。
飼ってみたいという方もいるかもしれませんが、オウム 飼うのは難しそうですよね。どうやってオウム 飼うとよいのでしょうか。

オウム

若い手乗りオウムは比較的環境への順応が高く、訪問者にも慣れてくれます。若いうちから病院に通うようにしていれば、ペットにありがちな病院嫌いも克服できるかもしれません。
エサは無農薬の高品質なオウム用のものを与えます。補助食として新鮮な野菜も与えましょう。野菜ばかり与えていると野菜でお腹がいっぱいになってしまい、オウム用のエサを食べなくなるので、喜んで食べても野菜ばかりにならないように気をつけます。

とくにむずむずの症状がでたりする場合は、こちらのようなホームページを参考にするのもいいですし、不安な方は、やはり病院に見てもらった方がいいでしょう。

水は常に新鮮で清潔なものを用意します。水道水は塩素などが含まれているので、浄水器を通したものがよいです。
エサや水は1日2回交換します。フンや尿が入らないように配慮しましょう。
住まいはできるだけ大きなものにします。羽を広げたときにぶつからず、羽ばたける程度のスペースを確保します。耐久性がある素材で作られているものを選びましょう。止まり木を用意してあげるとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 × 七 =